40肩、50肩治療

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
40肩、50肩治療日暮里優接骨院

いつも日暮里駅近く、優接骨院の治療を受けていただきありがとうございます。    今日はいわゆる「五十肩」についてご説明させていただきます。           五十肩とは肩関節が痛み、関節の動きが悪くなる状態を言います。

<特徴的な症状>                                ①運動痛→動かす時に痛みがあり、服を着替えるときなど動きがわるくなります。   ②夜間痛→夜にズキズキ痛み、ときに眠れないこともあります。

<原因>                                    中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが老化して肩関節の周囲の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。また、肩関節を包む袋(関節包)(肩峰下滑液包)などが癒着する場合もあります。

五十肩は自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、癒着して動かなくなることもあります。早期に適切な処置をすることが大切です。

当院では五十肩に対し独自の治療を行っております。

まだ、治療をしないで我慢している方や、治療していてもなかなか良くならない方是非当院を受診してください。

優接骨院 院長

カテゴリー: 優接骨院便り   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。