テニス肘治療は優接骨院へ

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
テニス肘治療は優接骨院へ日暮里優接骨院

日暮里優接骨院では肘の痛みの治療を行っております。本日は代表的なテニス肘についてです。

テニスのバックハンドを打ちすぎると肘の外側の骨のでっぱり周辺が痛みます。

これは手首を上に動かす筋肉の腱が付く場所で手首の使いすぎや、手首を固定した状態で力作業を繰り返し行うことで腱に炎症が起きるものです。

中年以降のテニス愛好家に生じやすいことからテニス肘と呼ばれています。

優接骨院の治療としては初期はアイシングと固定をし、症状にあわせ超音波や筋へのマッサージ、ストレッチ等を施します。

一度痛めると症状の寛解と再発を繰り返す患者様が多いです。

早めの治療をお勧めいたします。

優接骨院 院長

カテゴリー: 優接骨院便り   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。