足の裏の痛み

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
足の裏の痛み日暮里優接骨院

いつも日暮里駅近くの優接骨院の治療を受けていただきありがとうございます。

今の時期に多くみられる足の裏の痛みについてお話したいとおもいます。

足の裏、足底といいまして、長時間の立ち仕事や歩行によりかかとの内側の少し前や中央付近に痛みがでます。階段をのぼる際や、つま先立ちなどで痛みがさらに増します。

中年女性に多く、朝起床して最初の一歩目に痛みを感じます。歩くうちに徐々に軽減しますが夕方から夜にかけて再び痛みが強くなります。またジャンプを多く行うスポーツ選手にも大変多くみられます。

原因は繰り返し負荷がかかることにより足底の筋、足底筋とかかとの骨との付着部に微小外傷が起こることで痛みが生じます。

優接骨院での治療は電気治療や超音波、アイシングや、温熱療法、テーピング、ストレッチなどを施し足底のアーチをつくり痛みを和らげます。特にストレッチは足底に限らず足全体をのばしていきます。

一度痛めるとなかなか痛みが消失しにくい怪我です。

早めの受診をおすすめします。

 

カテゴリー: 優接骨院便り   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。