腰骨の変形による足の痛みやしびれ

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
腰骨の変形による足の痛みやしびれ日暮里優接骨院

いつも日暮里駅近くの優接骨院の治療を受けていただきありがとうございます。

今日は腰部脊柱管狭窄症についてお話します。

この病気では長い距離を続けて歩くことが出来ません。もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す(間欠性は行)です。普段腰痛はあまり強くなく安静にしているときにはほとんど症状はありませんが背筋をのばして立っていたり歩いたりするとふとももから膝さらにふくらはぎに痛みやしびれが出て歩きづらくなります。しかし前かがみの状態で休憩すると痛みやしびれが消失しまた歩行が可能になります。

原因は様々ですが加齢、労働、あるいは背骨の病気などが影響し神経が圧迫されるといわれています。

こころあたりのある方は一度医療機関を受診することをお勧めします。優接骨院では様々な腰痛や下肢の痛み、しびれ、下肢の筋力不足などに対応いたします。

気になる症状があれば我慢せず優接骨院にご相談(受診)ください。

カテゴリー: 優接骨院休診日のお知らせ, 優接骨院便り   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。